白馬のおじさま

2011年09月18日00:39

 中・高生の同級生で韓国家庭料理の店
「あんじゅ」の店主秀雄君のお兄ちゃんの散歩は
かなり目立つ。
なにしろ、白馬にまたがってぽくぽく歩いているのだ。
けっこう遠出もするそうな。
清澄の里「粟」にも現れて三浦さんたちもびっくりしたことが
あるとか。山羊も驚くことしきりだろう。
途中マクドナルドにも立ち寄るらしい。
馬に乗ったままなのでもちろんドライブスル-。
そして、愛馬のためにフライドポテトを注文するんだとさ。

でも、風をきって走っている姿は見たことない。

BLOG2011_09170007.jpg
 
小雨が降っていたので今日は傘をさされておる。ぽくぽくぽく…

BLOG2011_09170008.jpg 
風流みたいだが傘の模様はなぜかゼブラ柄ぽくぽく…。
この構図ビ-トルズのレコ-ドジャケットを思い出しません?



師匠

2011年04月11日22:44

 植え替えの時期を逃した鉢植えがいくつもある。元気を無くしたいくつかの鉢を持って師匠の所へいくことにした。 私は師匠を何人か持っている。その中で木の鉢植えはこの人山本の師匠。私は年上のボ-イフレンドとよんでいる。知恵がある。だてに80年生きてきたわけではない。椿と楓と病気がちな利休梅の鉢と赤玉土を車から下ろすと。鉢から椿を出して慣れた手つきで根を切る。次は要らない枝を落として樹形を整える。そうして楓も利休梅も新しい土に植えかえられてすっきりした姿
になった。


 BLOG2011_04080003.jpg                          利休梅の手入れをする師匠。「これ預かるでぇ。持って帰ったらあんた枯らすやろ」と言うわけで3鉢入院中です。





BLOG2011_04080002.jpg                   この畑の横に採れた野菜を並べる無人販売所みたいな小さな小屋がある。小屋には「ご自由にどうぞ」と手書きの小さな看板が取り付けてある。たんせい込めて作った野菜を貰ってもらうために。つまり「ただ」ですよ!なんで? 実は師匠、3年ほど前に癌がいくつか見つかった。ところが医者は「手術しても3年くらいしか持ちませんよ。癌の再発と寿命考えたら手術で痛い目せんでもいいやないですか?」と言ったもんだから師匠はえらい怒ったらしい。むすめさんが「手術してやってください。本人はそのまま目が開かんでもええ言うてますさかい」それで悪いところを切ってもらってから、えらい調子が良いんですって。それで、「わしはいっぺん死んだ身や。こんなに元気になって世間に何かお返しがしたいけど野菜作ることぐらいしかできん。せやから作った野菜を貰ろてもらうことにしたんや。そうしたらものすごく調子がええ」そうです。 BLOG2011_04080006.jpg 30年もののメスレ(すもも)の花が満開。果実酒にすると旨い!

花開き草芽吹く…

2011年03月07日22:54

 4日過ぎて咲きましたぞ!セロジネが 。セロジネ11-3 今年の日本蘭展の大賞は江尻宏一さんの20年ものの大株のセロジネでした。わが家のセロジネは慎ましく一枝ですが可憐でなかなかよろしいな。蘭は「難しい」と「ケバイ」で敬遠しとりましたが頂いたセロジネとセッコクは毎年わずかながらも花を咲かせてくれる「良い子」ちゃんなので大事にしようと思ってます。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

検索フォーム

プロフィール

えもにゃんこらしょっ

Author:えもにゃんこらしょっ
FC2ブログへようこそ!