ミモザのリ-ス

2014年03月27日08:01

CIMG6265 (2) 
お彼岸の頃ミモザがぽつぽつ咲きだして庭はいっきに明るくなる。
昔まだ子ども達も小さくて私も若いお母さんだった頃の思い出の
花だったりする。
3月にひらかれる別れと出会いの集いの時この花が会場を
華やかにしたことがあった。その花を無邪気に持って撮った
仲良しの女の子達の写真がある。青い空をバックに幼い娘と仲良し
のあんなちゃん、あかねちゃんが踊るようにして収まっている。
ぼんやりあの頃の気持ちを思い出したりするのがリ-スを作る時の
ほやほや~とした時間が大好き。
CIMG6264.jpg 
こんな事をしても動じなくなったとら。
CIMG6268.jpg 
ついでに先日のモデル採集で採ってきた「ひかげのかずら」と
「せんなりほうずき」でもリ-スを作ってみた。地味ながらも
ええ感じやん!

まほろばキッチン

2014年03月06日22:51

CIMG5783.jpg 
ただ今発売中の「やさい畑」。昨日編集部から送られてきた。
これににゃんこらとおかさんがチラリと登場している。

先月、教室のモデルをさがしにまほろばキッチンに出かけた。
耳成山にほど近い耳成高校の跡地に昨年オ-プンした
ファ-マ-ズマ-ケットで地域の農産物や特産物などが並ぶ。

冬場は野山に出かけてもモデルに使う草花はほとんど見つけ
られないのでこうして産直市場へ出かけることが多い。

かなり大きな店舗で買い物客も多いのになぜかおかめさんと
私のところに取材のカメラマンがやってきて
「お買い物しているところ撮らせてもらって良いですか?」
特に断る理由もないのでOKした。
けっこう注文もあって「野菜を手にして楽しそうに話して
ください。」とか・・・。その時の写真が載っている。
CIMG5785.jpg 



お帰りっ!携帯電話

2012年02月21日17:44

BLOG2012_02210011.jpg 
昨年暮からデザインした作品展のはがき4種類。いかが?
<上から>
春を呼ぶ椿展 ・ カメリア岩屋の前田さん一家による生け込み
私にも描けました展 ・ 奈良三原色の会・会員作品展
やっぱり似たもの母娘展 ・ 93歳の母のちぎり絵と娘の水彩画・彫刻
のんびり山の辺三人展 ・ 奈良三原色の会の仲良し3人の作品展

後ほど詳しくお知らせしますね。

私の携帯ちゃん出てきました!車はもちろん昨日出かけたお店にも
出向き、ご一緒した方のバッグに紛れ込んでないかと探してもらったり
やさがししたのに見つからなかった。もう一度昨日の行動をふり返る。
そういえば帰宅してから着替えたな・・・。
そう、思い出して下着を入れているカゴの中を見るとあった!
私のパンツにくるまれてお昼ねしておった。(洗濯済みのよ)
そんなところにいたのか?おまえは・・・。お帰り。
お母さんは本気で心配していたのだよ。
なんて、携帯電話が勝手にパンツにくるまる訳ないやん!
 
携帯電話って無くなるとほんと大変。
とりあえず通信を止めてもらおうとお店に電話したらここでは出来ないと
お客様センタ-の電話番号を教えてくれたがかからない。
もう一度電話して受付のお姉さんにそう言うとは
「固定電話からはかからない番号です。携帯からかけてください」
というので「その携帯無くしたんやでっ!」
と言うと「あ、そうですね。じゃあこちらからかけて下さい」と
別の番号を教えてくれた。
さきにそれ教えんか-い!!

ほんまにぼ-っとしとったらあかんで、わたしっ!


              しっぽ  
             ぷんぷんぷん!
                     誰に怒ってるのよ。

こんママのこと

2012年02月13日12:53

BLOG7347.jpg 
こうすけの友人アイモコさん。兼業農家ミュ-ジシャン夫婦デュオ。「ハルサ-賛歌」は心に響く。

さっき沖縄のこうすけから電話があった。
「あのサァ~こんままの電話番号教えてくれる?
いろんなもん(主に食品)をいっぱい送ってくれてサァ~」

こんママとは耕助の親友近藤大ちゃんの母上の千津ちゃんのことである。
若かりし頃はバスケの選手でこうすけ・大ちゃんをミニバス時代から
応援してくれている。
見習うところ満載の愛情あふれる子育てをうちのこうすけにも
注いで下さった。

あれは耕助が小学校6年の夏のこと。夏祭りに出かけたこうすけが
12時を過ぎても帰ってこないことがあった。

夜中の1時、警察に事故が無かったか問い合わせた。
すると、当時小学生誘拐未遂事件がいくつかあった頃だったので
直ぐにジャンパ-姿の刑事が二人やって来た。
固定電話に録音機を取り付けながらこうすけの写真を用意するように
言われた。その写真を見ながらが電話で
「行方不明男子小6.にんちゃくは・・・」と本部に連絡をしている。
「にんちゃく」は「人相・着衣」の業界用語である。
側で聞いていた家人は「にんちゃく!?」と感激してつぶやいた。
家人は「西部警察」のファンであった。

刑事さんは写真を持ちながら私に
「なぁ…お母さん、朗らかそうなええお子さんやないの」と言った。
「はあ…まぁ…えっ?」
なんの勘違いか私が耕助を叱ってそれで家出したというスト-リ-が
描かれておったようだ。
「息子さんの部屋を見せてもらいます。何か手掛かりがあるかもしれん」
「あのぉ~、部屋ものすごく汚いです、しケンカなんかしてませんですよ」
すると若い方の刑事が「「僕の部屋も汚いですよ」とにっこりされた。
しかし直ぐその後「ほんまに汚いな~」という大きなつぶやきが聞こえた。

年長の刑事は「こんな時間ですが、とにかく息子さんの友だちの家に
電話して下さい」それでやって来てくれたのがこんママだった。

パトカ-が警報音を鳴らさずに広い範囲を探している。
夜中の2時半ころ、こんママは近くを一緒にあちこち探してくれた。

東の空がぽ~うっと明るくなってきた頃だ
ママチャリを走らせてこうすけが帰って来た。
自転車を走らせているうちに迷子になってずい分遠くまで行ってたらしい。

「無事でよかったわ~」そう言ってこんママは帰って行かれた。
いつもいつもありがとう!こんママがいてこそ今のこうすけがあるねん。


しみじみ嬉しいこと

2012年01月05日03:20

BLOG2012_01040018.jpg 
毎年本を送ってくださる。

WANというNPOがある。Women’s Action  Network の頭文字だ。
女性と女性の活動をつなぐポ-タルサイトである。
ここのHPにカレンダ-を紹介していただいた。
会員がお薦めを紹介するコ-ナ-があるのだ。

推薦して下さったのはWANの代表で東京大学名誉教授の
上野千鶴子先生である。
専門は社会学・女性学・ジェンダ-研究だ。そのほかエッセイやら
朝日新聞での人生相談、クロワッサンなどでの映画評など
私でも楽しくかつ、周りにむける心細やかなまなざしに
触れることができる。

ご縁があって講演会のお手伝いをしたことがあった。お会いするまでは
怖そうなイメ-ジがあったが、実際お会いしてみるとウイットにとんだ
お話をされる小柄な優しい方であった。

「先生にカレンダ-使って欲しい」なんて厚かましくも思いそれから毎年
送っている。すると先生は著書と共にすぐに礼状を下さる。
 私はここで賢い人の優しい生き方を学ぶ。

年末、本とともに送られてきた手紙には上野宅にはカレンダ-の
定位置があると書かれてあった。
HPにはその指定席の写真も載っている。さて、どこでしょう?

そうそう、HPを見て昨日カレンダ-のご注文があった。
上野先生、HP制作のHさんありがとうございました。

今なら先生のご挨拶動画が見られるぞ!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

検索フォーム

プロフィール

えもにゃんこらしょっ

Author:えもにゃんこらしょっ
FC2ブログへようこそ!