人気者

2012年08月31日16:12

青樫 
短歌の歌誌「青樫」が届いた。
高校の恩師である英保志郎先生が編集される小冊子。
昨年夏の初め私の絵を使いたいと言って下さった。
私の仕事を少しでも知ってもらえるようにという心使いだ。
まっすぐにいきてこられた先生の歌は清々しい男っぽい歌だ。
男臭いというより青年の弾力性のある心みたいなことかな・・・。

なぜかこんな地味な絵を好んで下さる方もいるから、
描いていて心が折れる事もない。ありがたいことです。
昨日もこの絵をデジタル版画にしたものを届けた。
なにせ原画は1枚しかないので精巧なレプリカを作っている。

1枚は三輪の岡西精肉店。
岡西ご夫妻は同級生夫婦。で、私も同級生。
ここのお肉は以前狂牛病が猛威をふるったとき繁盛したお店。
安心度の高い商品を提供しているからだ。
お店に行くとそんなに捨てるの?と驚くほど筋なんかをトリミングしている。
まあ足を運んで下され。東京からだってくるんだから。
岡西君 
仕事がていねい。お肉うんちくを聞きに行ってね。
店内には無農薬の食品もたくさんおいてました。
岡西精肉店 TEL 0744-42-6076

もう1枚の「粟」の絵は山の辺の峠茶屋のカフェ「わわ」に届けた。
観光農園にあるので秋はミカン狩りができたり楽しいところ。
お薦めがおじいちゃんが開発したという「粟餅」。
峠茶屋 
お店の片隅の緑化した自転車。
天理観光農園  cafeわわ
kanko-tenri.jp/members/kankounouen.html



カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

えもにゃんこらしょっ

Author:えもにゃんこらしょっ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

検索フォーム