スポンサーサイト

--年--月--日--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みつばちその2

2011年07月19日11:17

 東京から帰った次の日のことだ。

 たわわに実ったブラックベリ-を収穫していたら、
葉っぱに蜂の塊を見つけた。
またまた蜜蜂が飛来した。

今月の初め、ミモザに枝に約30センチくらいの
はち玉(蜂球)が出来た。
その時は家人と駆除をした。
 
無知はむごいことさせる。
あれは日本みつばちだった。
ここ何年か減少を心配されている
絶滅危惧種の日本みつばちだったのだ。
 
 今年は梅の実成りが悪いと聞いた。
冬が寒すぎてみつばちの活動が悪かったせいで
受粉が進まなかったのだろう。
おまけに数の減少ときている。

こんな話を聞いていながらの暴挙であった。
家人と二人して少々落ち込んだ。
 
前回の轍は踏まんぞ!
 
で、農業で困った時はこの人に頼る。
農園レストラン「粟」の社長三浦さんだ。
電話をすると「それみつばちの分蜂ですよ。
使って無い巣箱があるから持って行ってあげましよう」
 
夕方、蜂の活動がそろそろ穏やかになる頃
三浦さんが道具一式を持って来て下さった。

三浦さん曰く「うん、やっぱり日本みつばちの分蜂(または分封)
やね。近くに元になった巣があるはずやけど…。
2回も蜂球ができるってことはここが気に入ったんやな
来年も来るかもしれん」とのことでした。

そして「蜜蜂が来るって良いことですよ」
なんだか嬉しくなったわ。

巣箱に入れられた蜜蜂達は「粟」で暮らすことになった。
と、言っても必ずしも今の所にとどまるとは限らないそうだが。
蜂には蜂の事情があるのだ。

それにしても、三浦さんありがとう!!

BLOG2011_07170075.jpg 
葉っぱにびっしりの蜜蜂。女王蜂の姿は見えないが中にいるはず。

BLOG2011_07170067.jpg 
専門業者による巣箱。

BLOG2011_07170072.jpg 
蜂の出入り口を閉じているところ。

BLOG2011_07170071.jpg 
火を着けて煙をだす。この煙の香りで蜂がリラックスするらしい。

BLOG2011_07170076.jpg 
スペ-スシャトル乗組員ではありません。

BLOG2011_07170070.jpg 
えらい恰好の三浦さんですが、余裕の笑顔。

BLOG2011_07170074.jpg
蜂球を持つ三浦さん。
悪さをしなければ蜜蜂は刺すことはないらしい。
服に止まっても大騒ぎせずそっとしておけば飛んでいくのだとか。

BLOG2011_07170073.jpg
新しい巣でおきばりやす。蜜蜂さん達。

コメント

わ~~

わ~~凄いな~~ 日本蜜蜂なんだ
大切にしたいね 三浦さん 凄いね お助けまんなんですね カッコイイね

  • 2011年07月21日 14:13 |
  • コナンまま URL :
  • 編集
No title

コナンママ様 コメントありがとう!そう!日本みつばちだったんです。三浦さんはほんとに頼りがいのある人です。モデルの相談ものってもらってますのよ。

  • 2011年07月21日 16:30 |
  • えもにゃんこらしょ URL :
  • 編集

コメントの投稿

非公開コメント


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

フリーエリア

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

検索フォーム

プロフィール

えもにゃんこらしょっ

Author:えもにゃんこらしょっ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。