金峯山寺で映画を見る

2011年09月12日12:22


BLOG2011_09120036.jpg
 
        BLOG2011_09120030_20110912121130.jpg   BLOG2011_09120029.jpg


9月11日、
奈良国際映画祭実行委員会主催の
吉野山,金峯山寺での奉納上映会に出かけた。

あの日から半年が過ぎ、今この地球に
生かされている私達が思うHome家の
イメ-ジを国内外の21人の映像作家が
3分11秒の作品にした。それを紡いで
できた映画が
3.11 A Sense of Home Films だ。
(ア センス オブ ホ-ム フィルムズ)

河瀬直美監督の挨拶から始まって
4人の監督がそれぞれの思いを語った。
BLOG2011_09120033.jpg BLOG2011_09120034.jpg

国宝・蔵王堂本堂正面に作られたスクリ-ンは
奈良市の椿井小学校の子ども達が作ったもの。
何枚ものシ-ツがはぎ合わされてまるで
韓国のパッチワ-クのぽしゃぎみたいだ。
BLOG2011_09120031.jpg 

このスクリ-ンにあの青い仏様
蔵王権現様が映し出されると
ほら貝が鳴り響き5人のお坊さんが登場。
金峯山寺  田中利典執行長のご祈祷
が終わるころには日はとっぷりと暮れ
満月が昇ってきた。
BLOG2011_09120035.jpg 

このイベントに誘ってくれたのは
ブログにもよく登場して下さる仲良しの
山田さん。

山田さんは河瀬監督の初期の頃から
制作に関わっていて
河瀬作品のエンドロ-ルには名前もあるのだ。

カンヌで受賞した「もがりの森」に
出ていた宇田しげきさんも見かけた。
監督の息子の光祈君のお守役だったらしい。

内容については21もの物語があるので
一言では言えないがけっこう難しい…。

以前、とてもしんどい時期に奈良駅のホ-ムで
「お家に帰りたい・・・」なんて思わずつぶやいたことがあった。
その時の「お家」というのは、自宅や実家ではない
私が安心してわたしでいられるトコロ、心の置き場の
ようなトコロのイメ-ジであった。

そういう意味で自分にとっての「家」について考える機会
になると思った。






コメント

No title

お早う~~
先週娘と 旅行に行っていたので ブログまとめて
拝見してます~~ 奈良 良い所ですよね
歴史があるし 家 ホーム 心なんですよね
旅行は楽しいけど 自宅 落ち着きます

  • 2011年09月21日 10:40 |
  • コナンまま URL :
  • 編集

コメントの投稿

非公開コメント


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

えもにゃんこらしょっ

Author:えもにゃんこらしょっ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

検索フォーム