昔のこと

2012年02月09日12:58

BLOG2012_01030009_20120209104918.jpg 
1977年頃のアメリカ村あたりのお店で見かけたフリ-ペ-パ-

ぱ-ま屋髪切虫のコナンままのコメントを読んで乙女の頃をふり返る。

昨日の同級生男子閉じ込めデッサンなどをしたすぐ後のこと。

まだ心斎橋筋が大人な感じの頃、
御堂筋から鰻谷通り(だと思う)を西に入った辺りだったか
夜の名所『美人座』と呼ばれるというキャバレ-に行ったことがある。
そこで舞台照明のバイトをしていた友人に「見に来るか?」と誘われて
照明室にこっそり入ったことがあった。
広いフロアの真ん中のせり上がった舞台では
全裸に近い踊り子さんが踊っていた。
クリスティ-ナ.アギレラ、シェ-ルの映画にもなった
バ-レスクというのだろうがそんなもんに遭遇したのは初めてであった。
同行した男子は微笑みながら静かに鼻血を流しておった。

ほりえもまだふつ~の家具屋さん通りだったあの頃
アメ村も今よりもっと長堀通り寄りの北の方中心だった。
スポタカの前では丘サ-ファ-のお兄さんが電動スケボ-の乗って
長い茶髪をなびかせていた。
巷ではイ-グルスのホテルカリフォルニアや
ドミノアンドデレクのレイラがやたら流れて耳にたこができた時代。

スポタカビルの道頓堀川べりに小さな画材店+ギャラリ-があった。
画材の勉強をしたかった私は14か月そこで働いた。
川の向こう側には値段が高いから売れたフル-ツナカイがあった。
時々値札を書くペンを買いにやってくる中井社長は
暇なとき画材店のPOPを書いていた私に
「うちの店のも書いてくれへん?」と変わった海外のフル-ツを
持ってきた。はじめてアボカドを食べたのもこのころ。

今は綺麗になった道頓堀川だが、
思い出の中の道頓堀川は汚い物がうねうね漂うにぶく光る川面だ。
今もナカイビルはある。1階は吉野家の牛丼やさんになっている。

道頓堀クロッキ-研究所に通いはじめた頃は若い情熱と焦りで
心斎橋の小大丸にあった月光荘のクロッキ-教室にも通っていた。
さっぱり上手くならないクロッキ-と夢や希望や不安をかかえて
うろうろ歩いた難波は刺激的であった。

そんな時よく目にしたのがこのフリ-ペパ-「Wow.woW」
のちにプガジャと呼んだ有料のプレイガイドジャ-ナル(100円だったと思う)
になったんだと思う。

表紙や本文.イラストを
漫画「たぶちくん」のいしいひさいち氏が担当して今見ても楽しい。



コメント

No title

1977の頃の私は25歳 難波は美容関係のお店があり
買出しに出かけた 楽しくて面白い所 歩いてる人を
見てるだけでもウキウキと心弾んでいた 若いって
いいよね 気持ちだけでも若くありたいですよ~~~

  • 2012年02月12日 11:03 |
  • コナンまま(髪切虫) URL :
  • 編集
No title

コナンままさん 少しお姉さんのコナンままさんはもう立派にお仕事されていたんですねぇ。あたしったら、情けない20代でしたわ…。確かにあの頃の私は若かったし、田舎の子でしたから、何かええもんがあるような気がしてきょろきょろわくわくでしたわ。

  • 2012年02月13日 11:31 |
  • えもにゃんこらしょっ URL :
  • 編集

コメントの投稿

非公開コメント


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

えもにゃんこらしょっ

Author:えもにゃんこらしょっ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

検索フォーム