「山桜桃」と書いて「ゆすらうめ」最後の展示

2013年02月13日14:01

BLOG2013_02120036.jpg 
メリッサで開催される「椿展」のハガキを持って
三輪山のふもと、車谷の「山桜桃」(ゆすらうめ)に行ってきた。
「ゆすらうめ」は縮緬細工の作家、山口信子さんの作品展示館だ。
ただ今の展示は「雛まつり展」。この季節の恒例の展示だ。

10年ほど前「連れもっていこか」というイラストルポの取材で
お目にかかったのがきっかけで親しくお付き合いして下さっている。
今では親戚のおじさん、おばさん宅に遊びに行っているような感じだ。

いつだったか靴下をうっかり左右違うものを履いて伺った時があった。
ご主人に勧められて靴をぬいで上がり「こんにちわ」とおじぎをした。
その時靴下に気が付いて「あちゃ~」と思ったとたん、ご主人も
気が付かれて何故か紳士用靴下をたくさんいただいたことがあった。
    

ご主人 「こんにちわ・・・あれ!どないしはりましたん!
      靴下かたっぽづつばらばらでっせ!!
      靴下あらしまへんのか?!」
私    「えっ~あっ~そのう・・・」
山口先生 「お父さん、困ってはるやないの。今流行りやねんで。」
ご主人 「丁度ええわ。さっきまでバザ-やってたから靴下いっぱい
     ありまんねん。これ使いなはれ」

こんな感じで何かと気遣ってくださる。懐かしく楽しい思い出。
そんな「ゆすらうめ」が3月いっぱいで縮緬細工の展示を終了される。
惜しむ声があちこちから聞かれる中、山口先生は
「70歳を超えた今、もう少しいろんなことをしてみたい」のだそうだ。

しかし、おしい・・・。
3月31日まで開催されている。時間をとって山の辺の道散策を兼ねて
また行くつもり。
BLOG2013_02120039.jpg 
BLOG2013_02120040.jpg 
吊り雛飾り
BLOG2013_02120041.jpg 
山形県では傘に吊り雛を飾るそうだ
BLOG2013_02120042.jpg 
蔵の戸板がテ-ブル。ここで三輪山を眺めながらお抹茶をいただく

庭の椿も咲き始めた山の辺、車谷の春。




コメント

そうなんですか

山桜桃 確か教室の最初の展示会は山桜桃さんでしたと思う
奈良 三輪山 教室に行くようになって 奈良に何度か
出かける事が増えて山口さんにお会いして のんびりと
お庭を眺めながら お茶えを頂いた 落ち着く所ですよね
お庭も素敵でしたよ~~~ 

  • 2013年02月15日 00:02 |
  • コナンまま(髪切虫) URL :
  • 編集
No title

コナンままさん 本当にそうなんで、展示が終わるのが残念です。

  • 2013年02月15日 13:31 |
  • えもにゃんこらしょ URL :
  • 編集

コメントの投稿

非公開コメント


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

えもにゃんこらしょっ

Author:えもにゃんこらしょっ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

検索フォーム