モデルを採りに秋のお山へ

2013年09月21日09:17

今日の教室のために昨日モデルを採りに山へでかける。
この頃はおかめさんも一緒なのでとても楽しい。
先週にも山へ出かけているので2人でル-トうを決めどんどん採集。
たった1週間なのに植物は変化している。
自分のミッションに忠実によそ見しないで変化している。
こんなのを見ると自分はなにをよそ見したり道草をくっているのかなと
思う。あらゆる手段で子孫を残そうとしている姿に迫力を感じることが
しばしばある。などと考えながら秋の野の草を摘む。
くずの花がそろそろ終わりに近づいているものの、
むせかえるような香りは健在だ。教室に持って行くと
「くずの花ってこんな香りなんですね・・・」とみなさん驚かれるのだ。
柔らかい甘い香りだ。
つるは伸びて登って奔放に伸びているので高枝はさみはかかせない。
CIMG2479 (2) 
町内の一斉清掃ではありません。
おかめさんが「くず」や「いたどりの花」を採ってます。
CIMG2480 (2) 
高台から見た里山の稲田。遠くには生駒山、
その前に矢田丘陵が見える。
こんな景色に出会えるのがモデル採集の楽しみのひとつだ。
CIMG2483 (2) 
「ひかげのかずら」という植物。山の斜面にへばりついている。
天照大神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸(あまのいわと)に
お隠れになったとき、その前で踊った天の鈿女(あまのうずめ)が
身にまとっていたのがこの植物。神事を行うときこうして植物の
力を借りていたのだ。

CIMG2484 (2) 
車のうしろがモデルでいっぱいになったら今日はもうおしまい。
日も傾いて早く戻らないと山の日暮れは早い。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

えもにゃんこらしょっ

Author:えもにゃんこらしょっ
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

検索フォーム